【全壊リプ】アプデからのGWのアレコレ【陸軍】

お久しぶりですこんばんは。おじさんです。

一応生きてます。

ですが最近は、ブログ書きとしての生命力はネクロの骸骨ほどしかないかもしれません。
いつか下剋上して魔女にとってかわるのが夢です。

そんな私の久々のブログはGWの最終日。
サザエさん症候群から逃れるように、おじさんはブログを書きます。
(ここでサザエさんすらやってないことに気付き絶望するおじさん)


……GW中はリーダーをはじめ、リア充爆発の方も多く、いつもより少し少なめの参加人数でした。
そしてGW中のほうが率先して参加するおじさん。
しかし星1。
クラ充にもなれないおじさんどんまい。

さて、扇風機もといエアスイーパーの導入で、空攻めが一気に難しくなりましたね。
ほわーんと風が吹いて、ユニットが思ったところに行ってくれないし、
レイジかけても進行が遅れるため、エアスイーパーの効果範囲から攻めてしまうと失敗率が急上昇。
特に単純なドララや重ラバは難しくなりました。
私は重ラバが好きだったので、少し切ないです。

ただ今回のアプデは、単純に対空砲を強くしたりラバを弱くしたりするのではなく、
プレイヤー側の工夫で攻めにくさを調整できるのはお見事だと思いました。

そんな扇風機さんの活躍で空軍に逆風が吹く中、陸軍が脚光を浴びています。
今回の対戦でGowivaを使って全壊した人も2名ほどいましたし、
プロアクティブを代表するホグ使い、satoshiさんは同格相手に星6をとっていました。

今回はそんな彼らの活躍をピックアップしたいと思います。



■th9  ゴレホグ @satoshiさん





困った時のさとしさん頼み、華麗なゴレホグさばきに定評があるさとしさんです。
1分52秒あたりのホグのサイドカットは痺れました。
2連爆弾はなくても、th9後半になると結構ホグが息切れしちゃったりするんですよね。
そんなときに上手くサイドカットできると、ヒールの範囲が無駄にならなくていい感じです。

空軍不遇の時代、益々脚光を浴びるホグ。
私も勉強させていただいてます。


 
■th9  Gowiva  @ももキャットさん




Gowivaを使いこなすメンツが少ない中、th8の頃からバルキリーと懇ろなももさん(語弊)。

放っておくとすぐどこかに行ってしまうバルキリーを操縦するのは至難の業ですが、
ジャンプなどを使いうまく中央に誘導しています。

裏ホグのタイミングや位置も素晴らしいです。

Gowivaも選択に入れたいですね。



では、今日はこの辺で。




 

【th10後半】ゴレ1ラバ3,4の全壊リプ特集【th9後半】

こんにちは。おじさんです。

今回はth10後半とth9後半の全壊リプをお送りします。

 一発目はth9後半のリプ。

ゴレ1ラバ4の面だしと、少し珍しい編成と攻め方です。

 
■th9  ゴレ1ラバ4 @ももキャットさん


 

最初のアチャクイまでの道のりは壁一個で届くので、ゴレ1でもいけそうですね。

厄介なのが中央のクロスボウ。

HPが多い上に他の防衛施設のルートから独立しているので、なかなか辿りつきません。

そこでラバ4を包み込むように面だしすることによって 、クロスボウや少し外部よりの対空砲もなんなく破壊しています。

ももさんはいつもユニークな編成で魅せてくれます。
今後も華麗な攻めを楽しみにしていますね!


■th10  ゴレ1ラバ3  @Junさん





初動のゴレ部隊でITを折っていません。
それも込みで考えた上でのゴレ1なのだと思います。

ITを最初に一つも折らなくても、この防衛施設の高さの村を全壊させてしまうJunさん、恐ろしいです。




恐ろしいといえば、現在進行中のクラン対戦のマッチングです。
相手は香港のクラン。

出来立てなのか勝利回数は一桁ですが、びっくりしたのがそのTHの差です。

こちらのTH内訳は、

th10が4人、th9が13人、th8が8人。

なのですが、対する相手のTHが、

th10が12人、th9が11人、th8が2人。

マッチングが終わってはじめて相手のマップみたときはお口あんぐりしました。

なんだこれ、マップが真っ赤だぞ。


でも中身をみてみると、やはりというか、早上げの多いこと多いこと。

全壊ユニットも全く育ってない様子。

これは公平といえば公平なマッチなのか……?

でもやはり同格同士で戦うのが一番面白いですよね。

特に今回の場合、th8の方が可哀想すぎて。

攻めるところが二つしかないので、取り合いになってました。

こういう場合は格上星2を練習するのがいいのでしょうかね。

何人かth8のかたで、th9序盤から星3取っている方もいましたけども。


それにしても、本当にクラン対戦のマッチングは適当だなーと思った今回の対戦でした。


それでは、今回はこの辺で。



 

【雑談】ガチクランのチャットの話【試金石】

こんにちは。おじさんです。

一週間ほど前にお引越しをしまして、住み慣れた我が家に花の香りを添えられなくなってから(吉幾三の顔を浮かべつつ)、ブログの更新が途絶えがちですみません。

クラクラへの愛は全く衰えていないのですが、むしろ暑苦しく燃え上がっているのですが、中々片思いですわ。星的な意味でも。

ところで前回のブログの、アラビアンな方達との戦いは余裕をもって勝利しました。
しかしその次。
次があかんかった。

格上に加え、まず目を引いたのは相手の配置。
一目見てわかる全壊対策配置でした。
これはきっと相手も全壊戦術をもっているに違いない。

いつもと比べ、指示やアドバイスが飛び交い、途端にピリピリしだすクランチャット。

そしてそんな中入ってくる新人さんたち。

非常に申し訳なく思いました。

自分が新人で、いきなりこんなピリピリチャットなクランにきたらビビるよなーと。

まあ別に怒号が飛び交ってるわけではなく、あくまで丁寧にコミュニケーションとってますけどね。

でも明らかにいつもと違ってみんな目が血走ってるわけです。
いやみたわけじゃないけど、きっとみんなスマホを抱えながら眉間に皺寄せて、あーでもないこーでもない、と考えてるんだろうなと。

今回のクラン戦で、「考えすぎて禿げそう」という人が2、3名いらっしゃいました。
そのまま禿げてしまえばいいのに。
失礼しました、心の声が漏れたようです。

しかし私の心配は杞憂だったようで、「ちょっと場違いなんで抜けますね」と新人さんが抜けてしまうことはなく安心いたしました。
みんな禿げたかいがあったね!

クランチャットは、勿論和気藹々としてるのが一番だと思いますが、それだけでは強くなれないわけで。
時にはきついことも指摘してしまうことがあります。私もされますし、します。
しかしその、クラメンがもっとも眉間に皺をよせ、真剣に向き合っている雰囲気が受け入れられるなら、それはその人にあったクランなのではないでしょうか。
いわゆる試金石的な。

まあこれいった数日後に抜けてしまったら凹みますけどね(震え声)。

でもね。

さすがにこれはあかんでしょ。

許されませんよ。

image


リーダー、いつもオチに使ってごめんなさい。

それでは今回はこの辺で。
th9中盤の人。所属クラン「プロアクティブ」→「# QUBELEY」。 ブログはクラクラの攻略情報、雑記など、クラン対戦に関する情報をメインにお送りします。基本th9視点になりますが、ご了承ください。どちらかというと雑談が多め。 1年休止後、2017.4復帰。たぶん。