こんにちは、おじさんです。

ようやく当初の目的の「th8向けの攻略記事」を書き終わったので
攻略云々はth8のことしかわからんしこれからは思うがままにth9のことを書いていこうと思います。

私は現在th9序盤~中盤くらいでして、 th8のころは、ドラッシュが大さじ3杯の、ホグラッシュ大さじ1杯
Gowipe小さじ1杯くらいの匙加減でした。

そんなわけで地上ユニットにはあまり慣れていないままth9になり、Gowiwiの難しさに右往左往している今日この頃。


私のクランは週に2,3回クラン対戦をやっていますが、毎回緊張で手が震えます。

というのも、得意のドラッシュじゃ☆3取れないし、Gowiwiも☆2が多いし
ラババル、ゴレホグは事故ると☆0、☆1になる。

そんなわけでなるべく練習と保険かねてGowiwi でいくのですが、これが慣れていないので緊張感が半端じゃない。
 
よってただでさえへたくそな Gowiwiがさらにひどくなるという悪循環です。

皆様もガチクランに所属していると、いやどんなクランでも「勝ちたい」と思えば緊張はつきものだと思います。

これを乗り越えるには、まさに 練習しかないわけですが、一つ近道があります。

それは「自分が攻略したい村と似たような配置の☆3動画をみること」です。

さて、現在私のクランで進行中のクラン対戦では、相手に同じ配置が20人中6人もいました。
別の配置ですがth10までも全て似た配置。
ちょwwいくらなんでもやりすぎwww

むつご




皆様も見たことがあるのではないでしょうか。

これです。

よくみる配置

どん。

あー!お前あのときの!

みたいな反応をする方も多いとおもいます。


この配置やたら見かけるんですよ。
なので、似たような配置において、我がクラメンが様々な戦術で☆3をとっている動画を紹介したいとおもいます。


■MASAさん(ラヴァバルゴレで☆3)

 

我らがリーダーのラヴァバルゴレ。最近この編成がお気に入りのようです。
んーなんとも鮮やか。
リーダーいわく、援軍処理は
「繊細に、かつ大胆に」
らしいです。

なるほどわからん。

ラヴァバルはレイジがいいと思ってましたが、ヒールでバルーンを回復し、バルーンの少なさを補っているのでしょうか。
結果的に最後はレイジをヒール1個にしたことで効率があがった印象です。

■ももキャットさん(ゴレホグで☆3)

 


いつも安定した攻めを見せてくれるももさん。
この方のバルキリーはいつも見ていて気持ち良い斧まわしっぷり。
そんなももさんのゴレホグデビュー戦です。
正直デビュー戦でこの計算された動きは底知れないです。
恐ろしい……!
ホグの近くの防衛施設から攻撃する特性を利用して、中央の2連巨大爆弾を上手くよけてますね。
いやーお見事です。



■釈迦牟尼さん(Gowiwiで☆3)

 

Gowiwiといったらこの方、釈迦さん。
左右にユニットがばらけて、おやっと思わせてからの美しいフィナーレでした。
ちゃんと壁と火力が対になって上手くばらけたので、悠々と☆3がとれていますね。
見習いたい限りです。


さて、この配置がおなかいっぱいになったところで何が言いたいかというとですね。


要するに、流行の配置の攻略法を抑えておけば後々応用できる可能性があるわけです。

もちろんこれらの上手い人の動画をみて、自分と何が違うのか、自分はなぜ失敗したのか、
そして上手い人の動画はなぜ成功したのか分析することが前提条件です。
そして似た配置といっても、施設が1マス違うだけでも違う結果になることもあり得るわけなので、結局はイメトレが大事ですね。


え?そんな偉そうなこといってる私の戦績?


senseki


こうして、何事も実践経験が必要だということを身をもって皆様に伝えているのです。



それでは今日はこの辺で。